月別アーカイブ: 2013年7月

自己イメージを上げて望む人生を引き寄せる

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

私たちは、ある特定の場面で、自分自身のことを過小評価してしまうことがあります。

今度、その場面に遭遇したら、思い切って今の自分に対する印象を、10倍ふくらませてみてはいかがでしょうか?

そうすると、どんなあなたになりますか?

「自分はこんなものだから…」

私のお客さまには、はじめこのような思いの方もいらっしゃいました。

でも、お話をうかがううちに、間違いなく新たな自分というより、自分の可能性に気づいていきます。

私たちはイメージできる以上のものになることができません。

もちろん、自分を過大評価してしまっても、しあわせにはなりません。

しかし、過小評価をして自分の行動を止めているのであれば、今の自分を10倍くらいふくらませて評価してみるのもいいでしょう。

そして、あなたの望む人生を引き寄せてくださいね。

最も大切なものは何ですか?

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたは大切な人を不本意ながら悲しませてしまったり、つい感情的になって、困らせてしまったりしたことがありますか?

その場では反射的なのですが、後悔してしまうのではないでしょうか。

こういうことは避けたいですよね。

そんなときに役立つことがあります。

それは、

「あなたがこころから本当に望んでいることは何か?」

それをはっきりさせておくことです。

たとえば、大切な人を喜ばせることが本当に望んでいることであるならば、その場で感情的に反応することもなく、別な対応をすることができますよね。

こころから望むことは、意外にはっきりわかっていないものです。

1度あなたが本当にこころから望むことを明確にしてみてはいかがでしょうか?

そして、それを意識していると、次第に無意識に落とし込まれていきます。

すると自然に、最も大切なことを基準にして、言動することができます。

「あなたの人生において何が最も大切なのか?」

リラックスしながら、こころで感じてみてくださいね。

緊張を和らげる方法

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、ある芸能人の方は、ジェットコースターが苦手だそうです。

なんとかその場を乗り切りたい一心で編み出したのが、一人で実況中継をすることだそうです。

たとえば、ジェットコースターに乗ったら、

「さぁ、これからどんどん上がっていきます。」

「上がるたびに心臓がどきどきしてきたぁ。」

「外の景色を伝えたいけどそんな余裕はない…」

などとぶつぶつつぶやくのだそうです。

※以上は私の創作実況です。

そうすると、うまく乗り切れるとのこと。

これは、プレゼンテーションや大切な試験の前など、緊張するような場面でも活用できます。

緊張しているときは、無意識に、不安になるような言葉を自分に投げかけています。

でも、客観的な視点で状態を描写することで、思考を意識できるようになり、からだも落ち着いてきます。

同じような場面に遭遇することがありましたら、ためしにやってみてくださいね。

ちょっと大げさに実況してみると楽しくなりますよ。

自分の人生に納得するために

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたもご存知のとおり、あなた自身の価値観に合った生き方をすれば、人生に満足することができます。

でも、もしあなたが望む人生ではないことをしなければならないとしたら、「なぜそれをしているのか?」と自問してみましょう。

そして、出てきた答えに対して

「それは本当かどうか?」

「その目的を達成するための別な方法があるとしたら、どんなことか?」

「それは望む人生を歩むために、どんな役割を果たしているのか?」

などと検証してみるといいですよ。

意外な気づきを得ることができます。

あなたの人生にとって何が大切なのか、何が心地よくさせるのか。

あなたがこころで感じた、あなたが喜んで受け入れる、あなたの真実に、ただただ生きてみてくださいね。

こころを休める音楽の活用法

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたは落ち込んだとき、どのようにして気分を整えようとしていますか?

散歩する、ストレッチをする、遊びに行く、友人と話す、ゆっくりお風呂に入る…。

あなたにとって最適な回復法がありますよね。

音楽を聞くこともあるかもしれません。

そのとき、どんな音楽を聞くのでしょうか?

やはり明るい曲でしょうか?

でもそのとき、なぜか聞いても聞いてもスッキリしないという経験はありませんでしたか?

そのような経験があるならば、気分が落ち込んだときは、その気分に合った音楽を聞いてみてください。

こころと音楽が一致することで、だんだん落ち着いてきます。

落ち込んでいるときは、こころとからだが少し休みたがっているのかもしれません。

音楽はアーティストがつくった素晴らしい作品です。

その思いも感じながら、ゆっくり心と体を休めてみてください。

すると、次第に活力が戻ってきて、また新たなチャレンジに踏み切ることができます。

ついやり過ごしてしまいがちなこころとからだに、ふと耳を傾けてみるのもよさそうですね。

ステキな夢を見る方法

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたは子どものころ、遠足の前の日になるとワクワクして、眠りにつくのが遅くなる方でしたか?

もしかすると、今でも翌日に楽しみがあると、そうかもしれませんね。

それは、私たちの脳というものは、将来の楽しみを期待するだけで、快楽中枢が活性化するからなのだそうです。

であるならば、積極的に何か楽しいことを想像すると、より幸福感を味わうことができそうですね。

今夜は寝る前に、楽しいことをイメージしてみてはいかがでしょうか?

きっとステキな夢に出会うことができますよ。

考え方のクセと上手に付き合う

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたにはクセがありますか?

あるとしたら、どんなものですか?

と言われても、クセは自分ではわからないものが多いですよね。

周りの人から言われて、ハッと気づくこともあるのではないでしょうか?

そして、それがイヤだなと思ったら、直そうとしますよね。

同じように、考え方にもクセがあります。

あなたが不安を感じたり、落ち込んだりしているときには、そのクセが関係しているかもしれません。

もしそうならば、その考え方のクセに気づくと、直そうとすることができますよね。

気づくために、落ち込んでいるときのことを思い出し、どんな考え方をしていたか、書き出してみるといいですよ。

または、自分はそのときどんな考え方をしているのだろうと、ふだんから意識しておいて、タイムリーに書き出してみるとより効果的です。

もちろん、周りの人や専門家に聞いてみるのも1つの方法です。

クセに気づくだけでもあなたに変化が起こります。

そして、クセの中には、あなたにチカラを与えるものもあります。

いずれにしても、あなたのクセと、上手に付き合っていけるといいですね。

もし「クセ」という言葉が気にかかるならば、それにあなたのお気に入りの名前をつけてあげてくださいね。

それだけで、あなたのクセに親近感がわきますよ。

欠点も大切なあなた

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたは、自分に欠点があると思っていますか?

こんな質問をすると、ほとんどの人が「ある」と答えます。

でも、それは自然なことです。

そのことを受け入れてしまいましょう。

それに本当に欠点かどうかわかりませんよね。

見る人によって、あるいは状況によって、それは長所になります。

たとえば、ある人にとって飽きっぽいと思うことは、好奇心旺盛であるとも言えますよね。

おしゃべりということは、場を盛り上げるときにはありがたいですよね。

それに、あなたの大好きな人や尊敬している人に、欠点はありませんか?

あなたはそれも含めて大好きであり、尊敬していますよね。

だから大丈夫。

欠点も大事なあなたの一部。

少し自分の欠点に疲れたら、まるで小さな子どもを抱きしめるかのように、やさしく包み込んであげてくださいね。

世界の広がりと収縮のジレンマ

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたにとって、歩くこと、食べること、歯をみがくこと、計算をすること、字を書くことは簡単ですか?

では、誰かに自分の気持ちを伝えることはどうですか?

自分の夢を語ることはいかがですか?

これらを眺めてみると、あなたにとって当たり前のことが、小さな子どもにとっては簡単ではないけれど、あなたにとって苦手なことが、子どもには簡単だったりすることがありますよね。

私たちは成長するにつれて、知識と経験が増し世界が広がる一方で、思い込みや見えないものも増えていきます。

このジレンマに意外に気づかないものです。

だから、このことを認識したうえで、私たちは自ら学習し続けたり、人から学ぶことを通じたりして、成長していくことが大切なのかもしれませんね。

夢を実現するためにレッテルを貼る

こんにちは。
一之瀬 翠(いちのせあきら)です。

さて、あなたは自分自身をどんな人だと思っていますか?

自分をどのようにとらえているかは、行動や考え方に影響を及ぼします。

たとえば、英語テストの点数が同じ人でも、自分を英語ができると思っている人と、そうでないと思っている人とでは、英語を話す人に声をかけられたときの対応が異なりますよね。

であるならば、自分のチカラとなるようなレッテルを、自分に貼ってみてはいかがでしょうか?

あなたの望む未来を生きている人は、どのような価値観を持っていて、どんな振る舞いをしているのでしょうか?

そうはいっても、なかなか望むレッテルを貼ることができないと思うかもしれませんね。

そんなときは、その気持ちを受け入れつつ、夢に生きるあなたはどんな人間なのか、口に出して表現したり、紙に書き出したりしてみましょう。

言葉にすることでより具体的になり、変化を起こしやすくなります。

あわせて、そのときの感覚を味わうと、より効果的です。

ぜひ自分自身にあなたの大好きなレッテルを貼って、夢の実現に励んでくださいね。