10年以上20,000時間を超えて現場で心の悩みに向き合ってきたコーチが贈るメルマガ

ありのままの自分を受け入れて、
望む未来へ1歩踏み出してみませんか?
あなたが、本来の力を発揮して、
より幸せになるためのエッセンスを
無料でお届けします。
こちらから、
今すぐ登録してくださいね。

眼のいろが深い

ある料理番組を見ていて、

「このコメンテーター、どうせ美味しいしか言わないんだよ」

「ほ~らね」

なんて、独り言のように言っていたら、

隣に座っていた妻が、嫌そうな顔をして、

「いっつもテレビ見ながら批評ばかりしている」

私:「あっ(・_・;)」

昨日、「いい感情」を行動に移すと定着する

ということを書きましたけれど、

いわゆる「ネガティブな感情」も行動に移すと

定着してしまうようですね。

なぜなら、自分は気づかずに「いっつも言ってる」ということは、

無意識に言っているということだからですよね。

ちょっと想像してみました。

ある人がその人のベストで仕事をしているのに、

その人に対して批評している自分を…。(-_-;)

あなたにもそのようなことが当てはまることがありますか?

「相田みつを」さんのこんな言葉を思い出しました。

『いのちの根』

なみだをこらえて

かなしみにたえているとき

ぐちをいわずに

くるしみにたえているとき

いいわけをしないで

だまって批判にたえるとき

いかりをおさえて

じっと屈辱にたえるとき

あなたの眼のいろが

ふかくなり

いのちの根が

ふかくなる

何か出来事があったときに

私たちが「ネガティブな感情」を抱いてしまうことがあるのは

仕方ないと思います。

だって、人間だもの。(by 相田みつを)(^_^;)

ただ、そのときにどのような行動を取るのかが

大事なのだと思います。

そして、

さらに大切なのは

「眼のいろ」が深いこと

「いのちの根」が深いこと

いのちの根が深いと、

その湧き上がる感情自体も変わっていくから…。

今日私は、どんなときにネガティブな感情が湧いてくるのかに

ちょっと意識してみて、

そうなったら相田みつをさんの言葉を思い出して、

今この瞬間にチャレンジしてみます。

「眼のいろが深くなる」という表現が私はとても好きです。

実際そうなったら、とても魅力的だなぁ。

あなたも一緒に試してみませんか。

ちなみに、この相田みつをさんの言葉は、

私が人生にもがいているときに

妻が送ってくれた言葉です。

いつもながら、妻の配慮には頭が下がります。

感謝します。

あっ、これも言葉にして伝えないと…ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です